昨年の夏頃から年末にかけて大規模なリフォームを行いました。
基礎の補修、構造材の補強、リビング・キッチン・浴室・洗面・トイレ・収納・玄関・廊下などほぼ全ての居室について工事を行いました。

まずは構造材を残して、壁や天井を解体していきます。

そこへ、新しく梁を入れたり、筋交いを入れたりと構造材を補強して、家の強度を高めます。

次に、床・壁・天井に断熱材を入れて、床の下地材を貼り、壁や天井にボードを施工していきます。ユニットバス部分にも土間を打って、断熱材を入れて保温性を高めます。

同時に外部では、外壁の補修や塗装、屋根の葺き替えを行います。

内部は、フロアーを貼り、住宅設備機器を設置し、建具を取付けて、クロス貼って、照明機器も新しいものを取り付けます。

こちらは、大きな収納室です。洗面台や作業台もあり、壁一面の大きな棚もあり、天井からの明り取りもあり、うらやましい空間です。

お住まい住まわれながらの大規模リフォームでしたので、いくつかの部分に分けてこのような工事を数回にわたって行いました。お客様にはいろいろご不便をおかけしたことと思いますが、喜んでいただけて、私たちもとても嬉しかったです。